『野生』Kopi Luwak 焙煎豆160g イグノーベル賞を受賞したジャコウネコのコーヒー。インドネシア・アチェのガヨ高地の珈琲畑で収集した『野生』。珈琲好きのあの人への贈り物に最適。受注後に焙煎してお届けします。
  • 『野生』Kopi Luwak 焙煎豆160g イグノーベル賞を受賞したジャコウネコのコーヒー。インドネシア・アチェのガヨ高地の珈琲畑で収集した『野生』。珈琲好きのあの人への贈り物に最適。受注後に焙煎してお届けします。
  • 『野生』Kopi Luwak 焙煎豆160g イグノーベル賞を受賞したジャコウネコのコーヒー。インドネシア・アチェのガヨ高地の珈琲畑で収集した『野生』。珈琲好きのあの人への贈り物に最適。受注後に焙煎してお届けします。
  • 『野生』Kopi Luwak 焙煎豆160g イグノーベル賞を受賞したジャコウネコのコーヒー。インドネシア・アチェのガヨ高地の珈琲畑で収集した『野生』。珈琲好きのあの人への贈り物に最適。受注後に焙煎してお届けします。
  • 『野生』Kopi Luwak 焙煎豆160g イグノーベル賞を受賞したジャコウネコのコーヒー。インドネシア・アチェのガヨ高地の珈琲畑で収集した『野生』。珈琲好きのあの人への贈り物に最適。受注後に焙煎してお届けします。
  • 『野生』Kopi Luwak 焙煎豆160g イグノーベル賞を受賞したジャコウネコのコーヒー。インドネシア・アチェのガヨ高地の珈琲畑で収集した『野生』。珈琲好きのあの人への贈り物に最適。受注後に焙煎してお届けします。
  • 『野生』Kopi Luwak 焙煎豆160g イグノーベル賞を受賞したジャコウネコのコーヒー。インドネシア・アチェのガヨ高地の珈琲畑で収集した『野生』。珈琲好きのあの人への贈り物に最適。受注後に焙煎してお届けします。
  • 『野生』Kopi Luwak 焙煎豆160g イグノーベル賞を受賞したジャコウネコのコーヒー。インドネシア・アチェのガヨ高地の珈琲畑で収集した『野生』。珈琲好きのあの人への贈り物に最適。受注後に焙煎してお届けします。

『野生』Kopi Luwak 焙煎豆160g イグノーベル賞を受賞したジャコウネコのコーヒー。インドネシア・アチェのガヨ高地の珈琲畑で収集した『野生』。珈琲好きのあの人への贈り物に最適。受注後に焙煎してお届けします。

  

販売価格 : 9,000円  
特価(税込) : 4,500円割引: 50%OFF

  • 商品番号 : B07MH3QZTQ
  • 99 在庫量 :
  • 【160g】焙煎豆。ギフト・プレゼントに最適。 極めて稀少で高価なコーヒー。コピ・ルアック。 ジャコウネコのビントロングからの贈り物。
  • 本物の『野生』Kopi Luwak。 動物虐待の檻飼に非ず。 本物の『野生』Kopi Luwakの美味しさを、豆コスト1杯5百円で、お試しください。
  • 直輸入した生豆を,原則、注文を頂いて焙煎したものをお届けします。焙煎豆160gを得るには、生豆190g以上が必要です。
  • 【送料無料】 郵便局から定形外でお届けします。 配達日指定は、平日のみ可能です。
  • インドネシア独立戦争に参加した「帰らなかった日本兵」のアチェでのリーダーであった黒岩通が、現地に遺したのがヘンドリー黒岩。彼は野村貿易のスマトラ島メダンの現地会社の責任者として、日本へのコーヒー豆輸出に大活躍。パナソニック電子部品の現地会社責任者として赴任した弊社責任者・坂根孝と関係が生まれ、ヘンドリー黒岩が厳選した本物の『野生』Kopi Luwakを、皆様にお届けしています。左端の写真欄の最後のものは、『野生』Kopi Luwakの産地・ガヨ高原への3回目の訪問時(2016年5月)に、途中のランサで撮ったもの(右:ヘンドリー黒岩)。 
もっと見る


URL送信

商品説明


商品の説明

森からの贈り物

~森からの贈り物 『野生』Kopi Luwak?

 野生のKopi Luwakは、世界一高価で希少な珈琲として1995年のイグノーベル賞を、ハーバード大学で贈られました。
それだけ入手困難なのが、森からの贈り物である、野生のKopi Luwakです。
このために檻で飼育したジャコウネコのcaged Kopi Luwakが一般化しており、その飼育環境の劣悪さから動物虐待問題が度々報道されているのは、非常に残念なことです。

 インドネシアの独立戦争に参加した残留日本兵の遺児・ヘンドリー黒岩に出会い、彼の要請で日本でのKopi Luwakの販売を開始した2014年当時、大阪大学大学院工学研究科の福崎英一郎教授がルアック・コーヒーの識別法を発見された、との新聞報道がありました。
早速、ヘンドリー黒岩の『野生』Kopi Luwakの鑑定をお願いすべく、福崎教授に連絡を取らせていただきましたが、福崎教授からのご返事の要約は「Kopi Luwakの真贋を科学的に判定する実用的方法は、完成途上」とのでした。

 2018年10月にインドネシア・スマトラ島でヘンドリー黒岩とコーヒー畑地帯を巡った時、彼に野生Kopi Luwakの真贋をどのようにして見極めているのかを尋ねると、以下の諸点を挙げてくれました。
  1.長年にわたり高い信頼関係を築いてきた野生Kopi Luwak収集者からの入手。
  2.一般の生豆とは全く異なる、独特な生豆の匂い。
  3.焙煎時の匂いも煙も、一般の豆とは全然異なる。
  4.彼の手や腕にまとわりつく焙煎過程で発生するチャフの量が、格段に多い。
これらの判定基準は、彼の長年の経験に裏打ちされたノウハウというものであろう。

なおFacebookの「ヘンドリー黒岩の野生Kopi Luwak」もご覧ください。

バリサン山脈の野生ジャコウネコ・ビントロングの棲む村・Telegesariは、携帯電話も繋がらず

タケゴンで夕食後さらに山を登り始めると、山道には霧が立ち込めヘッドライトだけが頼りのドライブとなった。
霧の中の山登りが続き、20時半頃に目的のTelegesari村に到着し、ヘンドリーの記憶を頼りに訪問する家の明かりを見つけた。

北半球に位置するアチェ州の11月は雨期であり、このTelegesari村の農道もコーヒー畑もビショビショで水溜りがあちこちにあった。
ゴルフ用の雨具を着込んでご主人のDaudさんとAさんの後に従って、コーヒー畑が広がる中の農道を帽子に装着したヘッドライトの明かりを頼りに進む。
しかしすっかり濡れた草と水溜りで、足元もビショビショになる。Daudさんのゴム長靴が羨ましい。
ビントロングの棲む夜のコーヒー畑は、十分に経験できた。写真上段は夜のコーヒー畑。

Daudさん達は、時々地面を照らし「森の贈り物」を探しているようだった。
その場所は、中島啓裕著の『イマドキの動物 ジャコウネコ』に記されているような、上空が開いている場所が殆どだった。
写真撮影に手間取っていると、たちまち彼らの姿やその燈火を見失い、「Dimanaaaaa?(どこにいるの?)」と彼らの所在場所を確かめることになった。
1時間くらいコーヒー畑の中をホッツキ歩き、もう十分に夜のコーヒー畑を経験した。

Daudさんの家に戻る段になって、彼らのゴム長靴が威力を発揮した。
コーヒー畑の中には何本かの小川が流れていたのだ。彼らは何食わぬ顔でジャブジャブとその小川を渡ってしまう。
小川を前に私は躊躇。このまま小川に入ってしまうと、下手をするとふくらはぎまでズブ濡れになり、予備のないスニーカーを明日は履けなくなる。

迷っていると、足元の草が小川側に崩れ、有無を言わせず私は小川の流れの中に押し出された。
こちらを照らしている二人の顔は笑っていた。

翌朝、捕獲された仔ビントロングと「森の贈り物」を見ることが出来た。
「森の贈り物」はコーヒー畑から収集したばかりのもので、手で直接触ってみた。
柔らかい感触で、指には草や土が付きましたが、その指を嗅いでもそれらしい匂いはしなかった。
写真下段の「森の贈り物」は、中段中央の写真上辺を拡大したもので、一般に見られる檻で飼育されているジャコウネコの塊状の排泄物のそれとは、大いに異なるものだった。


この商品を買った人は、こんな商品にも興味をもっています

販売価格 : 8,316円  
特価(税込) : 4,158円割引: 50%OFF
販売価格 : 4,752円  
特価(税込) : 2,376円割引: 50%OFF
販売価格 : 2,700円  
特価(税込) : 1,350円割引: 50%OFF